Consciousness = VR



Consciousness = VR Lab とは?

和の叡智と最先端テクノロジーを統合したDCT(デジタルコンシャスネステクノロジー)を通じて、人類の意識進化に貢献するneten株式会社のR&Dセンター内ラボです。

「意識はVR」をテーマに、VR技術を使用した意識進化プログラムの開発を行っています。

このサイトでは、弊社のVRコンテンツの研究開発状況を、リアルタイムで更新していきます。


Lab Concept

VRの研究は、数十年に渡りアメリカを中心に世界で 行われ、その可能性は出尽くしたかのように語られることもあるが、「意識の研究とVR技術」が出会った時、これまでにないツールやコンテンツが、泉のように湧いてくる。その可能性は、無限である。

私たち、Nanasawa Institute - neten Inc. R&D Center は、2018年10月5日に「三人称視点VR中継システム」についての特許を出願した。この技術は、これまで人類にとって困難だった「他者視点の獲得」の最適な学習ツールになると考えている。この特許に記述した技術を通して、私たちは、人類の意識進化に貢献する。

他者視点は、心理学、認知科学、哲学、諸科学の探求の中で、浮上してくる普遍的テーマである「他者理解」や「客観視」の前提となるもの。そこには、人(すべての生きとし生けるもの)は、「リアルタイムに、他者の視点に立ってものを見ることができない」ということと、それに、矛盾するかのように、「人は、他者の視点によって生きている」事実がある。

その矛盾を解消するアクティビティを可能にするのが、私たちが開発した、「三人称視点VR中継システム」である。

日常において、自分の世界と他者の世界の「交錯」によって、一人称感覚が失われがちになることがあるが、三人称視点VR中継システムを使うことで、三人称視点感覚が獲得でき、無意識のうちに自己と他者の世界の切り分けが行われ、一人称感覚が戻ってくる。これは、ある意味で、認知革命である。

これを体感することで、他者理解の視点を得られるのみならず、一人称世界(主観世界)への没入による、時間感覚の変化(直線時間感覚から原生時間感覚へ)や、集中力、自己充実感・肯定感の増強、など(総じて、一人称感覚の最適化)が期待される。





Contents

弊所が特許申請を行った三人称視点VR中継システム等について解説しています。

Movie

弊所が開発中の意識進化のためのVR動画を公開しています。

Business

弊社開発のVRコンテンツの導入を検討いただける方を募集します。

Mail-Magazine

neten Inc.R&D Centerの最新研究開発情報やイベント情報をメールで受け取ることができます。

Mail-Magazine

Report

VRに関するR&Dレポートを掲載しています。